•  > 
  • 建設現場で活躍する建設機械の起源・歴史

建設現場で活躍する建設機械の起源・歴史

こちらでは、建設現場で活躍する建設機械の歴史について触れてみたいと思います。
ユンボやブルドーザーなどの重機は、今では建設現場で当たり前のように使用されていますが建設機械は、農耕や機械、鉱山用の器具と一緒に発展してきました。


建設機械の起源


私たち人間は、古代から馬や牛などの動物や、道具、人力を使って建設物を生み出してきました。現在の重機のようなものが提案されたのは、16世紀頃といわれています。
当時としては大掛かりな建設機械が作られましたが、それでも人の力で動かしていました。18世紀頃になると、蒸気機関で動く鉱山用の揚水ポンプが生まれました。
また、ワットの蒸気機関の発明によって、どんどん蒸気が機械の動力に利用されるようになりました。
19世紀に入ると、小型高圧力の蒸気機関が誕生し、蒸気掘削機などが活躍するようになりました。


日本に初めて建設機械が入ってきた時代


世界では様々な建設機械が考案されましたが、日本へ輸入されたのは明治3年といわれています。
これまですでに西洋の土木技術や鉱山技術が入ってきていましたが、明治になって早々に西洋から建設機械が入ってきたのは、江戸時代末期から軍備の近代化が推し進められていたからです。
その影響で、幕藩体制が崩壊して明治に入ると、建設機械を含め近代土木技術が急速に発展しました。


明治以降の歩み


明治に入ると、公共事業に建設機械が導入されるようになりましたが、大正に入ってからは労働力不足に陥り機械化が更に進展してきました。
昭和初期に大恐慌が始まると、不況による雇用対策として機械化は禁止され、建設機械化は後退しました。
しかし、朝鮮や満州では機械を使用した建設が続けられました。
終戦後は、戦後復興に向けて建設機械が使用されるようになり、国内では企業が次々と建設機械の製作を開始しました。

JUKO.INでは通販にて、パワーショベルの足回り、アスファルトフィニッシャーのゴムパッドなど、建機や農機の部品を販売しております。
建機クローラーのゴムパッド(シューパッド)は、230幅から700幅まであり、商品の品数も豊富となっております。

  • 次亜塩素酸水・高精度除菌液ハセッパー水
  • 早いもの勝ち!建設機械用ゴムクローラーの処分品超大特価!
商品カテゴリー一覧
衛生関連
SCC Japan ケーブルチェーン
建設機械用タイヤチェーン
補修用クロスチェーン
トラクター用タイヤチェーン
トラック・ダンプ・バス・乗用車用タイヤチェーン
フォークリフト用タイヤチェーン
ゴムクローラーチェーン
チェーンバンド
ラチェット式ワイヤーバンド
チェーンプライヤー
ブレーキパッド
建設機械用ゴムクローラー
コンバイン用ゴムクローラー
トラクタ用ゴムクローラー
運搬車・作業機用ゴムクローラー
除雪機用ゴムクローラー
ホイールローダー用ホイール
ゴムパッド(クローラー・フィニッシャー)
スノータイヤ
農耕用AGタイヤ
農業機械用塗料スプレー
農機部品
建機・産業用/フォークリフト用タイヤ
潤滑剤
吸着マット関連
ロングライフクーラント
エレメント(フィルター)関連
建設機械 ポイント(ツメ・ツース)
トラックローラー(下部ローラー)
ボルトオンカッティングエッジ
パワーショベル・ブルドーザー足回り
建設機械リビルド品(再生部品)
建設機械用塗料スプレー
オペレーター座席交換シート
油圧ホースキャップ
車両部品
テールランプ
バッテリー
ケミカル
スミコー食品機械用潤滑剤
中和剤関連
その他
お問い合わせ商品


コンテンツ

タイヤチェーンの素材の特徴
農業機械が果たす役割とは…
タイヤの役割について
重機の種類について
クーラントについて
タイヤチェーンの豆知識
ゴムクローラーについて
種類豊富な農機
建設機械の歴史
夏に向けた車のメンテナンス

  • 八戸重工商事・超!採用・採用情報はこちら
  • 店長の馬渡です。注文受付から梱包、発送まで責任をもってお届けします!
  • 代表からのメッセージ
  • 八戸重工商事の新コーポレートサイト始動!
  • 創業50周年
  • ゴムクローラーのサイズの測り方が見てわかる弊社の動画です。
  • ゴムクローラーのお届けは最短翌日!
カートの中を見る カートの中を見る
PAGE TOP