•  > 
  • ラジエーターを冷やすクーラント(冷却水)の役割・交換時期

ラジエーターを冷やすクーラント(冷却水)の役割・交換時期

車やトラックなどを動かすのに欠かせないもののひとつにクーラント(冷却水)があります。
クーラント(冷却水)には、どのような役割があり、また交換時期はいつ頃なのでしょうか。

クーラント(冷却水)の役割

クーラント(冷却水)は、ラジエータを冷やすために欠かせないものです。クーラント(冷却水)が不足すると、オーバーヒートを起こす危険性があります。
オーバーヒートとは、ラジエータが冷却されずに加熱して起きる現象です。オーバーヒートが起きると、異臭を放ち、水蒸気がボンネットから噴出します。
そして、車が止まってしまいます。クーラント(冷却水)は、ラジエータ付近を循環することで、ラジエータの温度を一定に保つ役割があり、寒冷地でも凍結することなく循環することができます。
一般的に手に入りやすいクーラント(冷却水)は、ロングライフクーラントであり、クーラント(冷却水)の寿命がさらに伸びたものとなっています。

クーラント(冷却水)の交換時期

循環を繰り返したことで劣化してしまったクーラント(冷却水)は、ラジエータ内部を錆びさせる原因となる場合もあります。錆びが詰まり、オーバーヒートを起こすことも考えられます。
そのため、クーラント(冷却水)はラジエータの故障を防ぐためにも、劣化する前に交換しましょう。
一般的なクーラント(冷却水)は、2年ごとの交換を推奨されているので、車検の際に交換する方が多いようです。最近は、10年間交換不要というクーラント(冷却水)も販売されています。

クーラント(冷却水)をお探しでしたら、JUKO.INでお買い求めください。JUKO.INでは、自動車整備工場や建設土木運送関係のお仕事をされている方にとって必要な道具を通販で販売しております。
クーラント(冷却水)は通常サイズからお得な大容量サイズまで激安価格で幅広く取り扱っております。

PAGE TOP