•  > 
  • 建設現場で活躍する建設機械の起源・歴史

建設現場で活躍する建設機械の起源・歴史

こちらでは、建設現場で活躍する建設機械の歴史について触れてみたいと思います。
ユンボやブルドーザーなどの重機は、今では建設現場で当たり前のように使用されていますが建設機械は、農耕や機械、鉱山用の器具と一緒に発展してきました。

建設機械の起源

私たち人間は、古代から馬や牛などの動物や、道具、人力を使って建設物を生み出してきました。現在の重機のようなものが提案されたのは、16世紀頃といわれています。
当時としては大掛かりな建設機械が作られましたが、それでも人の力で動かしていました。18世紀頃になると、蒸気機関で動く鉱山用の揚水ポンプが生まれました。
また、ワットの蒸気機関の発明によって、どんどん蒸気が機械の動力に利用されるようになりました。
19世紀に入ると、小型高圧力の蒸気機関が誕生し、蒸気掘削機などが活躍するようになりました。

日本に初めて建設機械が入ってきた時代

世界では様々な建設機械が考案されましたが、日本へ輸入されたのは明治3年といわれています。
これまですでに西洋の土木技術や鉱山技術が入ってきていましたが、明治になって早々に西洋から建設機械が入ってきたのは、江戸時代末期から軍備の近代化が推し進められていたからです。
その影響で、幕藩体制が崩壊して明治に入ると、建設機械を含め近代土木技術が急速に発展しました。

明治以降の歩み

明治に入ると、公共事業に建設機械が導入されるようになりましたが、大正に入ってからは労働力不足に陥り機械化が更に進展してきました。
昭和初期に大恐慌が始まると、不況による雇用対策として機械化は禁止され、建設機械化は後退しました。
しかし、朝鮮や満州では機械を使用した建設が続けられました。
終戦後は、戦後復興に向けて建設機械が使用されるようになり、国内では企業が次々と建設機械の製作を開始しました。

JUKO.INでは通販にて、パワーショベルの足回り、アスファルトフィニッシャーのゴムパッドなど、建機や農機の部品を販売しております。
建機クローラーのゴムパッド(シューパッド)は、230幅から700幅まであり、商品の品数も豊富となっております。

PAGE TOP